--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  


2014.07.27 15:56 |カテゴリ:鉄拳シリーズコメント(0)

【鉄拳】鉄拳7がついにお披露目 三島家の母登場


無題

ついに鉄拳7が登場することが発表されました。
三島ストーリー的にこれで完全終結となりそうですね。
ってかその後はもう作らないのだろうか・・・

  


引用元:http://www.famitsu.com/news/201407/26057954.html

なぜ、三島平八は妻の一美を殺さなければならなかったのか、さらになぜ息子の一八の確執が生じたのか、そしてデビル因子の秘密とは……
など、三島家の血の因縁が“最終決着”を見ることになるという『鉄拳7』。

原田氏によるとゲームは作り始めたばかりとのことだが、対戦スタイルは、ナンバリングタイトルでおなじみの1対1になり、新キャラクターはもちろん、新システムも用意するという。
「初心者やシリーズにカムバックするユーザーでも楽しめるものにしたい」(原田氏)なのだとか。

さらに、セッションでは、『鉄拳』シリーズでおなじみの“ゲストアーティスト”の存在も発表された。
明らかにされたのは、『ベヨネッタ』シリーズの島崎麻里氏やコザキユースケ氏、NINNIN(獅子唐)氏、吉田健一郎氏など、そうそうたるアーティストたち。会場では、“ゲストアーティスト”の中から、NINNIN(獅子唐)氏が手掛けるラースと、島崎麻里氏が担当する一美のデザインが披露された。
とくに一美に関しては「何らかの形で『鉄拳7』に出てきます」(原田氏)とのこと。
果たして、死んだ一美が『鉄拳7』にどのような形で登場することになるのか……気になるところだ。


いや、間違いなく一美がラスボスだろって考えてるんですけどねww
1作目から一応デビル化していたカズヤですが、その時はここまで考えてなかったんだろうなぁ~w


ゲストアーティストによるアート

l_53d320826379c.jpg
l_53d320828c3f1.jpg
l_53d320d307875.jpg
l_53d31a1730176.jpg
l_53d31a175b8c1.jpg


アーケード「鉄拳7」トレイラー第2弾 日本版



一美さんが話しているのは平八ではないとなると、一体誰に話しているんでしょうね。
ちょっとそこは気になるところ。


過去のストーリー

<鉄拳1>
全世界を舞台にして、至上最強の格闘家を決定する、と銘打たれた格闘技大会が開催された。最強の拳「鉄拳」を持つ者だけが頂点に立つ、ということからこの大会はいつしか「The King of Iron Fist Tournament」と呼ばれるようになっていた。

某巨大財閥の主催である、という噂と共に、誰もが驚くほどの莫大な優勝賞金が用意されていることも伝えられ、ありとあらゆる格闘家と名の付く者がこぞって参加することとなった。 世界各地で死闘が繰り広げられ、勝ち残った格闘家は男女含めて8名。いずれも腕に憶えのある者ばかり。

だが、純粋に最強を目指す者がいる一方で、ある者は特定の人物に殺意を抱き、ある者は大会そのものの破綻を目論む・・・。様々な思惑が、そこには渦巻いていた。

8名それぞれが大会に対する思いを胸に秘めながら、「The King of Iron Fist Tournament」は、謎の部分を残したまま、いよいよクライマックスを迎えようとしていた。 世界の頂点に立つのは果たして誰か? そしてこの大会の、真の目的とは・・・!?


<鉄拳2>
世界に名を馳せる巨大財閥の長である三島平八。彼が主催する世界規模の格闘大会は、いつしか「The King of Iron Fist Tournament」と呼ばれるようになっていた。

前回大会から2年の月日が流れ、今再びあの闘いが始まろうとしている。

今回の大会は、行方不明になった三島 平八に代わって現三島財閥頭首である三島 一八の主催による大会である。
前回から引き続いての出場者は自らの技に更なる磨きをかけ、また世界各国から武術に精通した強者どもが新たに名乗りをあげている。

最強の拳、「鉄拳」を持つ屈強な者どもが今ここに・・・


<鉄拳3>
The king of iron fist tournament 2の闘いは終局を迎えようとしていた。

風間準は一八の神秘的な力の源がデビルによるものであると気が付き一八に接近する。
準は一八に出会いそこで自分が一八の神秘的な力に吸い込まれていくのを感じる。
数日後、この大会(The king of iron fist tournament 2)主催者である一八のもとまで辿り着いたのは、平八であった。
激闘の末、平八は息子一八を倒し再び三島財閥を我が手中に収める。平八はデビルの存在には気が付かず、一八を火山の火口に葬った。

それと時を同じくして風間準の前にデビルが現れる。準が一八との間に身ごもった新たな魂にとり憑くために。 風間準はデビルをうち倒し、人里離れた屋久島の山中で一八の子、「仁(じん)」を育てる。

闘いが終わり、再び三島家の頭首となった平八はより絶大な権力を得る為、自らの手により各地で起きている世界の争い事を収拾する事で権力者間の信頼を得ようと考えた。紛争地帯には三島財閥私設部隊である「鉄拳衆」を派遣してその鎮圧に従事させ、貧しい国には食物をまかなえるだけの畑を開拓した。
世界は表向きの平和を取り戻したかに見えた。

約15年の歳月が過ぎた。風間仁 15歳の冬。

平八の命令によりインディオの遺跡を発掘中の「鉄拳衆」が謎の生命体を発見する。
平八は回収せよとの指示を出すが、「鉄拳衆」は「…部隊は全滅…奴は闘神か?!…」という謎の無線報告を最後に消息を絶つ。
「鉄拳衆」捜索の為遺跡に降り立った平八が見たものは、おびただしい数の死体だった。平八は深い悲しみに陥るが、次の瞬間それは新たなる野望をかきたてるきっかけとなった。「これだけのパワーを秘めた「生命体」を我が手中に収めることができれば、若かりし頃に夢みた"世界征服"もまた夢ではない。」平八は再び野望に向かって立ち上がった。「闘神」そして「世界」を手に入れる為に。そして歴史は繰り返す…。

やがて世界各国で奇妙な事件が多発する。その事件とは、強い魂を持つ人間-世界の格闘家謎の失踪事件である。

この時、仁と静かに暮らしていた準は直感的に身に迫る危機を感じとる。 「とてつもないパワーに狙われている。」そう予感しはじめた準は、「来るべき日」に備えて、過去に起こった事のすべてを仁に話しはじめた。そして、自分の身に何か起こったら三島平八を尋ねるようにと。

嵐の夜、その日はやって来た。 15歳の仁と準が暮らす山に「闘神」は現われ、すべてをなぎ倒しはじめた。 「逃げて」と叫ぶ母を尻目に仁は闘神に立ち向かっていった。 しかし、仁は一瞬のうちに意識を奪われてしまう。

仁が目覚めた時、そこには母も、母と暮らした森もなく、すべてが焼き払われていた。

「闘神」に母親を殺された仁は平八のもとへとやって来た。そして平八に「闘神」を倒すための術を教えてくれと頼んだ。
事のいきさつを聞いた平八は「闘神」の狙いが「強い魂」である事を確信し、闘神をおびきよせる為「強い魂」がぶつかりあう「The king of iron fist tournament 3」の開催を決意する。

それから4年、風間仁19歳の春。

「The king of ironfist tournament 3」の闘いが今、幕を開ける。


<鉄拳4>
二年前、平八は闘神の捕獲に失敗した。 しかし闘神が残した血痕や皮膚組織、蹄を研究員に持ち帰らせ、それらから得た遺伝子情報に、平八自身の細胞組織から読み取った塩基配列を組み入れ、新たな生命の筐体を開発させる。しかし、研究は容易には成功しなかった。そして多くの実験を重ねた結果、闘神の遺伝子を生命体に組み込むにはデビル化の因子が必要である、という結論に至る。自らの血にデビル化を促す要素がかけることを平八は知った。

デビル化を促す要素を持つ者……風間 仁。

『The king of iron fist tournament 3』で闘神を倒した仁は、平八に撃たれ、倒れた。しかし彼はデビルと化して平八をなぎ倒し、飛び去っていった。以後、仁の行方について知る者はいない。

平八は仁の足取りを追わせるが、その消息は掴めなかった。しかし、その調査の中で興味深い物を発見する。それは二十年前に撮影されたという一枚の写真。そこに写されていた物は全身が傷つき、火傷を負った男の遺体だった。その遺体の背中には、翼が半分隆起したように変形していた。その遺体が20年前に火口に葬り去った息子、一八だと確信した平八は、徹底的にこの遺体の行方を追った。そして遺伝子学分野で躍進を続けている新興企業"G社"に行き当たった。

G社は入手した肉体の遺伝子データを解析し、新たな人体を生み出そうとしていた。 そして研究に使用された肉体、データはそれぞれネブラスカ、ネパールの研究施設に厳重に保管されていた。この事実は平八の知るところになる。

12月25日金曜日、クリスマス。 G社がネパールに持つ最高機密研究所は、鉄拳衆の急襲を受けて瞬く間に陥落。施設の低階層は木っ端微塵に爆破され、巨大ヘリコプター群によって施設ごとハードディスクが略奪される。

時を同じくして、平八の率いる別部隊がネブラスカ地下研究施設内に侵入、一八の肉体が保管されている棟を襲う。保管部屋の中に流れ込んで行く鉄拳衆たち。へりの中で、平八は作戦の成功を確信していた。しかし突然、戦陣を切った鉄拳衆が何者かに吹き飛ばされ、床に崩れ落ちる。平八は身を乗り出してモニターを睨んだ。

部屋の中からゆっくりと姿を現す大きな影……それは紛れもなく一八だった。 一八はG社の研究施設で蘇生し、その体を研究素材として提供することで、自らの体に巣食うデビルの正体を突きとめ、二分した自分の統合を果たそうとしていた。そして平八を三島財閥をうち倒す・・・・・・その欲望を満すために力を蓄えてきた。しかし、またしても平八によって志しを打ち砕かれたのだ。怒りに打ち震える一八は、武装した鉄拳衆をほぼ壊滅させ、炎の中に姿を消した。

一八を取り逃がしたことに平八は激怒し、不幸な報告者は殴り飛ばされる。 平八の脇に控えていた色白の最高研究顧問アベルは、平八に早急な一八の捕獲を促す。平八じっと一点を凝視しながら考えを巡らせ、ある決定を下す。

「The king of iron fist tournament 3」から2年を経だてた今。

三島 平八率いる巨大財閥、三島財閥の後継者の座を掛けた「The king of iron fist tournament 4」の開催が世界中に報じられた。今大会の優勝者、最後に三島平八を倒した者には、三島財閥の総帥としての地位が献上されるという。

謀略と知りつつも平八打倒を目指し、一八はトーナメントに赴く。


<鉄拳5>
The King of Iron Fist Tournament 4終了後…

三島財閥・本丸では三島 一八と風間 仁の激しい親子対決が繰り広げられた。
その結果、闘いは仁に軍配が上がり、三島 平八は一八を見限った。

「所詮はこの程度か、ふがいない。お前はここで死ね。」

続いて始まった平八と仁の死闘……
黒き翼を生やし、怒りに満ちた仁の力は平八をも凌ぎ、平八は死を覚悟した。
しかしすんでのところで仁は我を取り戻し

「母さんに……風間準に感謝しろ。」

という言葉を残し、本丸から飛び去った。

力尽きた平八は、しばらく大の字に体を横たえていた。
先ほどの闘いが嘘だったかのような静寂。
だが、その静寂は遠方から近づく航空機の音によって打ち消される。
その音はやがて爆音となり、何かを射出する音が聞こえたかと思うと天井を突き破ってJACKが次々と突入してきた。
一瞬、一八の差し金かと思った平八だったが、振動と轟音に目を覚ました一八も状況を把握できないでいた。

「何者じゃ、貴様ら!」

平八が叫ぶと同時に、JACK群が2人に向かって一斉に襲いかかる。
図らずも、共闘してJACK群を薙ぎ倒し始める平八と一八。
しかし、どれだけ倒しても敵の数は一向に減る気配が無く、増援が続々と侵入してくる。
そして、さすがの平八も息切れし始めたその時、平八は一八の裏切りによって敵の真っ只中に投げ込まれてしまう。

「ぬおぉぉぉぉっ! おのれ、一八!!!」

絶叫する平八を尻目に、一八は敵の隙を突いて本丸から脱出する。
本丸が爆発とともに消滅したのはその直後だった。

その様子を冷淡に見つめる黒衣で身を包んだ男。
男は耳に軽く手を当て、通信音を確認すると一言報告した。

「Heihachi Mishima is dead……」(三島 平八は死んだ)

その直後、男の背後から1体のJACKが襲い掛かるが、ブレードで一閃され大破。
同時に男は姿を消した。

本丸は跡形もなく消し飛び、周囲は業火に包まれていた。
その中で、瓦礫を吹き飛ばし、地中から何かが姿を現したのだが目撃した者は誰もいない。

翌日、三島財閥党首・三島 平八の死は、世界中の人々が知るところとなった。
同時にそれは三島財閥の終焉を意味するはずであったが、何者かが三島財閥のトップに立ち、三島財閥は何事もなかったかのように平穏を取り戻していた。

そして1ヶ月後…

三島財閥主催によるThe King of Iron Fist Tournament 5の開催が告知された。

謎に包まれたThe King of Iron Fist Tournamentが今、再び幕を開けようとしている……


<鉄拳6>
幾多の謎に包まれたThe King of Iron Fist Tournament 5は、主催者である三島 仁八との死闘の末、風間 仁の優勝によって幕を閉じた。

三島財閥の頭首となった仁は、突如として特殊部隊・鉄拳衆を使った様々な工作活動と情報操作を開始する。

それにより疑心暗鬼に陥った人々はささいなきっかけを元に争いを始め、暴動や内乱はやがて大きな戦争へと発展していった。

世界中が戦乱に陥り、国家が力を失っていく中、三島財閥は蓄えてあった戦力を投入し、その上で世界に対し独立と宣戦を布告するのであった。

破竹の勢いで世界を掌握していく三島財閥であったが、ある日を境に、三島財閥に対抗する勢力としてG社が顕在化し始める。

各地で三島財閥の討伐に乗り出すG社を、世界は救世主ともてはやし熱狂的に支持した。

やがてG社は、悪の根源である三島財閥の頭首、風間 仁を生け捕りにした者に、莫大な報償金を出すと発表する。

しかし、まるでその発表を待っていたかのように、三島財閥はThe King of Iron Fist Tournament 6の開催を宣言したのであった。

名声を得ようとする者、賞金獲得目指す者、私怨を晴らそうとする者…… 様々な思惑が入り乱れたThe King of Iron Fist Tournament 6が今、幕を開ける。

関連記事
コメントの投稿




新ヘタレハンター乙

旧ブログ
モンスターハンタークロスの情報はコチラ


他人気記事



MH4Gまとめ記事

<4G最新情報のまとめ>

発掘武器まとめ

発掘防具まとめ

配信イベントまとめ

GXシリーズまとめ

探索、ギルドクエストまとめ

素材、お守り、質問等のまとめ

村、集会所キークエまとめ

新スキルまとめ

登場モンスターまとめ

剣士おすすめ武器や装備
(大剣、太刀、片手剣、双剣、ハンマー、笛)


剣士おすすめ武器や装備
(ランス、ガンス、スラアク、チャアク、操虫棍)


ガンナーおすすめ武器や装備

竜人商人、山菜じいさんまとめ

巨竜砲の使い方

極限化に関して

極限状態の解除に関して

最強の虫の作り方

お守りの効率のよい稼ぎ方

MH4G新情報まとめ


サイト内検索


最近のコメント



カテゴリ




スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。